今までの人生で、もう一度観たいと思って会期中に2度観に行ったことがある映画は、もしかして「マトリックス」のみかもしれないと、ふと思いだした朝。

みなさん、お元気でしょうか。

もちろん好きな映画というのは何回か見返したりということがありますが、会期中にチケット買って映画館でということを考えると、マトリックスしか思い出せないんですよね。今や新しくもないんですけど、一番有名なシーン、弾丸が宙に浮いた状態で時空が止まってカメラだけ動いてっていう。あの浮遊感、ストーリーじゃなくて、あの感覚を味わいたくて行きましたね。それはだからもう、なんていうんですかね、遊園地とかに行ってジェットコースター乗りに行くみたいなもんですね。ただジェットコースターは僕は大嫌いなんで、死にそうになるんで乗りたくないんですけどね。映画館だと安心して座ってるだけですからね。座ってるだけであの浮遊感、気持ちよさでもう一度味わいたいと、そんな感じで行きましたね。いつだったか、高校生ぐらいだったと思うんですけど、布団の上で足伸ばして座った状態から、バタンって、重力に身を預けて上半身を布団に倒すっていうのを永遠にやってた時期があった気もしますね。なんかその、脳の血流がフワーっとするというか、ヒューんって倒れるんでちょっと軽いクラクラする状態っていうか、それが気持ちよくて、何回も起きて倒れてを繰り返し続けてるってやつですね。

ああいうのはなんやったんですかね?

すっごい無駄な時間っていうか。

ただただ気持ちよさ、快楽を求めて、人間は良くも悪くもそうやって生きてきてるんで、食欲、性欲、睡眠欲、と言われてますけど、笑いたい欲求で「笑欲」とか、褒められたい欲求「賞欲」とか、どっちも読みがショウヨクやないかい!とか、まああとはなんでしょうね、あらゆる文化も人間の欲望からきていると考えれば、今あるものが、出来上がる所に遡って考えたらどんな欲望かというのがわかるわけで。例えば洗濯機なんかは「得欲」ですよね。あんなんなかったら、服一枚一枚、でこぼこの板に擦り付けて、なんやくっちゃくちゃにして、泡つけてすすいで、一日それで終わりですしね。それを可能にしてるんで、手が空く。他のことできる、得した、って感じですよね。ボタン一つでね、きったない服全部投げ入れてね、洗剤ちょっと入れて、ピッてやったらもうおしまい。その間フリーなんでもうベットの上に座って、上半身何回も倒し放題ですね。バッタンバッタン何回も脳の血流で遊べますよね。

いろんな欲、「誇示欲」とかね、俺すごいねんって、言いたい奴とかね、言語化されてないけど、ああそこ痒かってん、ああそれ!みたいなんはまだまだありそうですよね。驚きたい気持ちで「驚欲」、狂いたい欲求で「狂欲」とかね、またどっちも読みがキョー欲でかぶっとるやないかい!ってね。

 

Blog

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください