タバコをやめて半年が経とうとしている。

人はよくいう、何かを得れば何かを失う、と。

じゃあ歳を経て、いろんなものを身につけていった者は、そのいろんなものを身につけながらいろんなものを同時に失っていったのだろうか?

それが歳を経る前から存在し、経験を重ねる前から誰しもが持っていたものだとすれば、それらに名前があるとすれば、それはきっと「純粋」って奴に違いないだろう。

二十代前半の頃、僕は早く歳をとりたかった。未熟で、薄っぺらい、頼りない自分が嫌いだった。よく晴れた平日の昼間に、近所の公園で空白の時間を潰していた。そんな時、公園の生け垣でチッチク鳴いていた二羽のスズメの姿があった。まるで白痴のような僕はその愛らしい姿を少し離れたところでボーッと眺めていた。すると突如上空よりカラスがそのうちの一羽に飛びかかり、ガツガツと音を立てて無残にも丸呑みせんとする勢いで食べ始めた。もう一羽の方はとっくの昔に慌ててパートナーを置いて飛び立っていった。これ以上無いような平和な風景が一瞬にしてかき消されてしまった。僕は自然界の厳しさを目の当たりにして、その場から動けないで静観するしかなかった。

ジョージハリスンが、この世の中に自分のものだと言えるものなんてひとつもないと言ったという話のように、あらゆる存在や価値観は無なのかもしれないし、そうであるならば今現在も僕は20代前半と同じ薄さなのかもしれない。しかし明らかに体重計の針は「お前のウェイトは上がり続けてるぜ豚野郎」と言ってくるし(実際には僕が使用している体重計は液晶なので針はないが)、存在の薄さが同じだとしても、自らの未熟さを嘆くようなことはなくなった。いや、これはなかなか難しい問題で、なくなったのではなく、単純に開き直っているとも言えるし、或いはそんな暇がないだけなのかもしれないし、とりあえず未熟さに関しては何ひとつ解決していないと言っていいだろう。

まあしかし、先述したように、先人たちが口々に言ってきた何かを得れば何かを失う論理からすれば、逆に何かを捨てていけばいくほど、何かを取り戻せるという理屈は成り立つ。現在の僕が例の「純粋」を取り戻すためには、あと何を辞めればいいのだろうか?

あの二羽のスズメの事を、時々思い出す。

逃げ切ったのがオスで、食べられてしまったのがメスだったんだろうか?愛するもののために犠牲になることがあるならば、後悔はないだろうか?誰かを犠牲にしてでも、自分を活かすことを選ぶ方が、生き方としては正しいのだろうか?

正解はない。あるとすればそれは、人それぞれだ。

そしてもっとはっきりと言わせてもらえば、俺はスズメではない。

Blog

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください