おれは急いでいた
自転車の三段切り替えを一番重い三に切り替えて
長い長い下り坂を下っていた
途中 小さな女の子とその母親らしき親子が通りの向こう側に見えた
女の子は 道に出来ていた水たまりに向かって
かがんで手を振っていた
おれは急いでいたし
その情景はほんの一瞬の出来事であったが
おれの心を確かにやんわりと和ませていた
ペダルは全力で回転し
おれの表情はきっと
側から見ればなに一つ変わらなかったが

Blog

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください